【書評31冊目】99%の女性に好かれる大人のモテルール44(播摩 早苗)

【書評31冊目】99%の女性に好かれる大人のモテルール44(播摩 早苗)

こうぼーいです(@kouboy999

タイトルにビビッときて読みました。
非モテ男の為に書かれたより親切で、具体的な本です。
この本を読めば女子の内情というか、内面を知れるかと思います。
では、ポイントを見ていきましょう。


女性が求める男らしさって、なんでしょうか。言ってしまうととても当たり前なのですが、尊敬する点が見えたときなんです。女性は尊敬できない人を好きにはなりません。尊敬は、自分のないものを持っているという、これぞまさに男らしさなんです。

 

女性は、自分にまさっていることには男らしさを感じるのです。

 

大人モテ男の公平な優しさというのは、たとえ自分が客であろうと、すべての人たちに向けられるリスペクトがなくては表現できないということです。

 

女性は、たとえ泥をかぶってでも自分に挑んでくる男性に挑戦心を感じますから、
おどおどしている子よりは男気や強さがあるなあと思います。

 

相手が本当にほしいものは、どうやったら知れるか、どうやったら与えられるか。
それは、まず「この人と話をしたい」「この人いると安心できる」「信頼できる」という関係を
ベースとしてつくっていくことがスタート。

 

女性が感じる男前の声は、やや低音で、安定した響きがあり、たっぷりした声量があること。
それらの魅力は、早口よりも少しゆっくりした口調のときに相手に伝わります。

 

人は、出会っておよそ6秒で相手のことを判断しているといいまます。
男性は、自分の好みかどうかという本能的な感覚が判断材料になっていると思います。
でも、女性は、男性以上にいろいろなことを見ています。
① デキる人かデキない人か  ② 親切か親切でないか  ③ 仲良しになれるかなれないか  ④ 清潔か不潔か

 

女性は男性の優しさが本物かどうかよく見ています。
本物かどうかの見極めは、意外に公平であることなんです。

 

つまり、極端な表現ですが、意中の一人の子を射止めるためでも、ひとまず全員を惚れさせちゃうくらいの公平な優しさがほしいのです。

 

女性が質問することは、自分自身が話したいことである可能性大です。

 

この「聞く」ということが大切な理由は、話を聞いてくれる相手には誰でも信頼を寄せるからなのです。話を大切にしてくれるということは、私の意見やモノの見方を大切にしてくれている。イコール「私を大切にしてくれている」につながるのです。

1、心の中の〝俺領域〟を少し減らして、相手に関心を持つ
2、相手が関心のありそうな話題を振る
3、相手の話を聞く
4、相手の話からもう一巡する話題を振る
5、話の主役を相手から奪わずに、〝自分〟を混ぜる


全体的:★★★★☆
読みやすさ:★★★★★
実践しやすいか:★★★★☆
個人的な評価です

全体的に各項目ごとにまとめられていて見やすい構成かと思います。

内容に関しても優しい基礎というか原則的な意味を感じます。これは本当に99%近くの人に

広い意味でのテクニックを紹介していると思います。

女性関係、恋人、友達が欲しいと総合的な女性関係でのお悩みの方には当てはまる本かという印象を

受けました。気になる方は是非読んで見てください。

 

女子受けがよさそうな洒落たものです。
この前電車の広告で見たので人気なのかも?

書籍カテゴリの最新記事