様々なアンチエイチングダイエットを実践中!鬼のように徹底して楽したい

様々なアンチエイチングダイエットを実践中!鬼のように徹底して楽したい






こんにちは

最近はダイエットの為に1日1食の生活と白湯を飲んでるこうぼーいです。

そんな努力?と地道な筋トレで体重は10キロ程減りました。

でも、ここ最近なぜか体重が落ちない、、というか増えてる。

これは困りました。

振り返りと次の手を考えます。

きっかけ

スポーツジムをやめて運動の習慣がなくなり生活は偏っておりました。

まぁ体重には効果なかったのですが筋肉はついたと思います。

で、きっかけは勿論、ぽっちゃり続きだったからです。(可愛い言い方で)

標準体重より大分オーバーしていて、健康診断とかで医者からも痩せてくださいとお達しが・・

2年前、禁煙に成功したはいいものの

その後はどんどん体重が増えて行 ったように思います。

これはまずい・・と気づいたら何か行動しなくてはと昨年くらいから行動し始めます。

サプリも補助で取り入れていきたいと考えております。

白湯

まず目についたのは白湯。

手軽に無理なく出来るかなと思いました。

続ける為に習慣にしなくてはなりませんから、あまりハードルを上げるのも悪いですよね。

その点、白湯はそこまで手間になりません。

体の中から温め、内臓を温める事で体の機能を活性化させる。
内臓温度が1度上がると基礎代謝は約10~12%上がるともいわれています。

これはやらない理由はないです。

そもそもの始まりはアーユルヴェーダ。

アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)では人間の身体も、自然界も「水」「火」「風」の3つの要素で成り立つ。水を火にかけることで火の性質が加わる。沸騰することにより気泡が出てさらに風の性質が加わる。つまり白湯は「水」「火」「風」の3要素を完全に満たすものであり、飲むことにより身体の3要素もバランスを取り戻すというのだ。

アーユルヴェーダは世界三大伝統医学の1つで
他にユナニ医学、中国医学と互いに影響し合いここまで発展してきた。

wikipedia

トリ・ドーシャと呼ばれる3つの要素(体液、病素)のバランスが崩れると病気になると考えられており、これがアーユルヴェーダの根本理論である。

白湯とは、水を温めただけのお湯のことを言います。
水を沸かしてお湯にしたら、それをさらに50度~60度程度まで冷まします。
お水さえあれば誰でも作れるものであり、簡単で経済的な健康法と言える。

何よりて手軽さがいい。

水筒などに入れて持ち歩く事もできますし、手軽に気楽にできます。

僕も毎日やってますが、面倒だなと思うのは水筒を洗う事くらい。

なので水筒はシンプルなもののが継続でき、長持ちするでしょう。

飲むタイミングは、朝起きた時、各食事前、寝る前との事。
それぞれ、150ccくらい。すするように少しずつ飲むのがポイント。

注意点として、飲み過ぎると毒素だけでなく、栄養素も流してしまうので
1日に飲む量は(600~800ml)に抑えること。

アーモンドを食べる

アーモンドってどんなイメージですが?

油たっぷりで太るイメージある。と思っていたのは僕。

でも実は、栄養満点でとても体にいいのです。

でも気をつけなければいけない点があります。

それは、1日23粒くらいが適量という事。

カロリーが高いのでそのくらいで十分です。おつまみとしても十分な量ですよね。

ビタミンE、不飽和脂肪酸、ミネラル、食物繊維が豊富。これだけ少ないグラム数でこれだけ摂取出来るのはそうないです。ビタミンEは抗酸化作用を持ち、アンチエイジングに役立ち、AGEの生成を抑えてくれるのもポイント。(AGEについてはこちら

アーモンドは皮も一緒に食べましょう。

そして素焼きのがオススメです。1キロ1,500円くらいで売ってます。
素焼き意外だど、塩分を多くとってしまったりするので注意。
素焼きでも十分上手い。はまりますよ。

僕は毎度それです。適当に23粒くらいを袋に入れて1日かけて食べるように心がけてます。
(だいたい昼前に終わるけど)

僕はしませんが、サラダに入れたりするのも面白いですね〜

炭酸水を飲む

最近始めました。本当に先週くらいから

目的は、空腹を誤魔化すこと。食べすぎを減らす為。

そのために参考にした情報があります。

bibeauteより引用

「メリット」
1. 消費するエネルギーを増やす
炭酸水を摂取することにより、血管の中に炭酸ガスが入ります。
それによって酸素不足になり、走っている時と同じような状態になると言われています。
結果エネルギーの消費増大につながります。

2. 胃腸の状態を整え便通をスムーズに
炭酸水の炭酸ガスが胃に入ると、炭酸ガスの刺激により胃の粘膜を元気にしてくれると言われています。
そのため消化機能が促進、さらに腸に届くことにより、刺激によってぜん動運動が行われ消化活動が活発になり、便通の促進にもつながります。
また、「腸内環境を改善したい!」という目的で炭酸水を購入するのであれば、硬度の高い炭酸水をおすすめします!

3.疲労回復に良い
身体は使い続けていくと、水素イオンという疲労物質を溜め込んでしまいます。ですが炭酸にはそのような疲労物質を中和する効果が期待できるのです。
また、炭酸水は血管を拡張させる働きもするため、血流の促進が見込めます。

4. 肩こり解消の手助け
肩こりの原因、その多くが血行不良によるためと言われています。
そこで炭酸水を飲むことで、二酸化炭素が体内に入り、酸素の供給が活発化し、結果血行の促進へとつながります。

5. ダイエットのサポート
1~4をご覧いただいても、十分ダイエットの手助けになると言えますが、それだけではありません。
それは、炭酸水を飲むことによって得られる満腹感です。
飲むことで胃に入り、胃が膨らむため食欲を感じにくくなり、空腹感が紛れると言われます。

代表的なメリットとしては、この5つが挙げられます。
また、そのほとんどがダイエットに効果的なものと言えますね。

そして、そして

出来るだけ常温で飲む

出来るだけ常温で飲む事。体を冷やさない為にです。
これは全部のドリンクにいえますね。(白湯以外の)

飲む量

1日150〜200mlを5回くらいですかね。
でも、500ml 1本を1日かけて飲むでもいいと思います。

飲むタイミング

炭酸水を飲むタイミングは、胃腸に影響しやすい空腹時や食前を選んだ方が良さそう
なので僕は、空腹時に飲むようにしてます。白湯と被らないように。

炭酸水の効果を十分に得たい場合には硬度の高いものがいい!
ミネラル成分が豊富なようなのでね。そして天然と書いてある物の方がミネラル豊富とか。
今は色々試して自分に合うものを探してます。

【Kirala】

最後に

普段の心がけと共に、運動と食事にも気を配るべし。
普段の食生活を変えるのが何よりも効果的です。
運動はあくまでもサポート。でも、運動する事で脳が活性化して様々な気づきを得る事も。

要はバランスですね^^

最後まで有難うございました。

 

 

雑記カテゴリの最新記事