雑記

目薬について考えてみた!本当に効果的なのはなんだろうか考察

僕は目薬をしてます。

でも、コンタクトはしてません。

最近、ブルーアイカットとか話題ですね。

そういった話題から、目薬の必要性まで最近考えております。

あまり効いてない気がするのは僕だけ?と時たまに思ってますがどうなんですかね?

そんな疑問を解決する為に

まず、目薬はいつからあるかについて調べました。

いつから目薬はあるの?

大学目薬 発売開始年:1897(明治30)年

目薬の誕生

日本で初めて点眼薬は、時代の先覚者といわれた岸田吟香が慶応3年に出した『精錡水(せいきすい)』でした。当時、横浜にいた宣教師で、眼科医でもあった米国人ヘボン氏によってこの処方が伝授されたとあり、その処方は硫酸亜鉛1:水450でした。

日本薬家庭協会から引用

100年以上の歴史があるという事が分かりました。

今は当たり前に使っておりますが、出た当時は1杯のかけそばよりも高価なものだったようです。

疲れ目のはなし

今でも時々目が重くなりますが、これになると生産活動に影響が出ます。

目がゴロゴロするというか、違和感があり、そして疲れやすいという負のスパイラル。

目が重い、痛い、かすむ、ショボショボする、まぶたがピクピクするなどの目に慢性的な疲労を感じることを疲れ目というらしいですよ。

こうなるのも目の使いすぎ(現代はデジタル化しているので機器類を見る事も増えました)
が原因との事です。また、ストレスとも言いますね。最近では疲れ目からの目の乾きで
ドライアイな人もかなり多いみたい。
そんな人に効果的なのは血行改善です。
目の周囲などを温冷のタオルなどに当て、血行増進に取り組みます。この作業でも改善に繋がるケース
が多いです。

売れ筋目薬

目薬ランキングはサイトによって変わってます。

私が気になった1位は、ソフトサンティア!
2位は、【第2類医薬品】スマイル40プレミアム 15mL

以上です。完全に僕好みです。

次買うならこれだなと。

予防法として

デジタル機器に近づきすぎない事。

こまめに休憩をとる事。(1時間に1回、15分くらいが推奨)→でもこれは難しいかな。5分くらいなら出来そうですね。出来る範囲からやっていきたい。

室内の明るさを適正にする。

まばたきの回数を多くして、涙の分泌を増やす。

目の健康に良いとされるビタミンA、C、E、B群を積極的にとりましょう。トマト、かぼちゃ、にんじんなどの緑黄色野菜やキウイ、いちごなどの果物、アーモンド、牛レバー、豚肉やまぐろの刺身などが良い

目薬に効果はあるのか

目薬はしみて、さっぱりしますが、果たして内部的に効いてるといえるのか?と常に思います。

目薬って本当は必要ないとも考えられています。
実際に、眼科医が涙は天然の最上最高の目薬です、目薬などは「使わない方が本当は良いのです」
といっております。
成分に目が慣れてしまうと充血しやすくなるし、副作用がある事を認識しておく必要もあります。

大事なのはまばたきですね。目を乾かしてはいけません。

ブルーアイカットメガネ。アフィリエイトはる

メガネの効果的な手入れ

知らなかったですが、水洗いがいいんですね。

ほう、成る程。メガネ初心者として勉強になります。

こまめに手入れしていきたいものです。