【Game is life】ライフ イズ ストレンジ 終わりへ〜

【Game is life】ライフ イズ ストレンジ 終わりへ〜

前回に続きライフイズストレンジの思い出特集です。。

前回はここから(ライフイズストレンジ①

断片的にしか出来ず、もう少しの所で少しづつ少しづつ進めていき

やっと終わりました。

面白考察として下記のような想像しました。


未来では当然のようにあるタイムリープの力、

それを用い本来は禁止されてる過去に戻った。

それをマックスが行い、悲しい現実問題を何とかしたく行動を起こした。

それからというものの元の世界に戻る事は出来ず、

ぐるぐると次元の間を彷徨ってるマックスと、

親友を救い、もしくは街を救い違う人生を生きるマックス。


どうかな?分かりやすいかな?ストーリーがわからない人の為に

簡単に説明すると

このゲームは田舎街住む、女学生の話で

久しぶりにもともと住んでいた街に学生として帰ってきた。

ひょんな事から、時間を巻き戻す力を手に入れ

その後に起こる様々な選択を自分好みに選び選択していく事が出来るようになった。

近い未来のものであれば、巻き戻して自分が思ういい展開に持ってく事が出来た。

さて、ここで言ういい展開とはなんだろうか・・・

その選択は最終的にどう影響してくるか。分かるのはしばらく後の事だ。

そんな女学生の等身大の色々な悩みをプレイしていて所々感じ、胸がキュッと

なるシーンも多く、よく作り込まれてると感じた。

 

ここからはネタバレになってしまうが

この物語の事件の犯人はジェファソンで、

追求していたクロエを殺したジェファソンを憎み

ディビットは殺してしまいました。

Life Is Strange™

落ち込むディビット、まぁ気持ちは分かるよ。(ディビットはいいやつでした)

その後は少しホラー要素を感じつつ(鳥肌たったよ)

写真を一杯とり逃したみたいで・・・。

そして最後はこんな展開でした。

ある程度は予測していたが・・

Life Is Strange™あんまりな質問でした。

これまで、一緒に色々やってきたクロエ

クロエはある意味自分を殺せといってるのです。

正直このくらいの年齢で言えるかどうかという所ですが

私は言えないと思います。

とても辛い選択・・・

そしてこの後はそれぞれのその後を少しやって

おしまいという流れである。

少し寂しい気持ちになる作品であった。

ゲームカテゴリの最新記事