はちみつレモンの驚くべき効果!蜂蜜の安全な国はEU諸国

はちみつレモンの驚くべき効果!蜂蜜の安全な国はEU諸国

ども!こうぼーいです。

最近ハマっている「はちみつレモン」の作り方について学んでみたよ。

その中で苦労した事?気になった事を書いてみます。

何故そもそもはちみつレモンかというと

最近疲れやすい気がしてますのでなんとかしたいというのが理由です。

その為に、気軽に出来る対策はないかなと思って始めました。

はちみつレモンの効果とは?

参考になるサイトがあったので貼ります。

ほぼ、まるっと借りました。

macaroniより抜粋

・疲労回復効果

レモンをはじめとする柑橘類に含まれる「クエン酸」は、体内でエネルギー代謝をおこなう「クエン酸回路」という仕組みの中心的成分。クエン酸を摂取してクエン酸回路を働かせることにより、疲労物質の分解がおこなわれます。その結果、すみやかな疲労回復につながるのです。
漫画とかでよくみるアレですね。
仕事終わりや、運動後、休憩中、いや運動前にも飲みたいですね。
・便秘対策
はちみつには、「グルコン酸」という物質が豊富に含まれています。
グルコン酸には、腸内のビフィズス菌を増加させる作用があるんです。
ビフィズス菌は腸の動きを促す働きがあるため、溜まった便が排出されやすくなります。
・リラックス効果
柑橘類にも多く含まれる香り成分「リモネン」は、脳のα波を発生させる作用が期待されています。α波はリラックス状態のときに脳から出るとされているため、リモネンの作用はリラックス効果につながるのです。
・美肌効果

はちみつには、さまざまなビタミン類やミネラル類が含まれています。なかでも「亜鉛」は、新しい細胞を生み出すためのたんぱく質の合成をサポートする役割があり、体内の新陳代謝を促してくれます。古い細胞から新しい細胞に生まれ変わるサイクルが早い分、美しい肌(新しい肌)を維持することにつながるんですよ。

・アンチエイジング効果
レモンに含まれているビタミンCには、強い抗酸化作用があります。肌や血管、内臓など体全体の老化は、活性酸素という物質が各器官を酸化させることにより起こるのですが、抗酸化作用をもったビタミンCには活性酸素の動きを抑制する働きがあり、アンチエイジング効果が期待できます。
・口臭効果
口臭の原因は、口内に繁殖した細菌。この細菌は、口の中に餌となる食べ物のカス(たんぱく質)が残っていたり、口が乾いていたりするときに繁殖します。
ビタミンCには抗菌作用がありこれらの細菌を排除するのに役立つほか、強い酸による唾液分泌の促進作用から口内を潤して細菌の繁殖を抑え、口臭の抑制につながります。

喉風邪対策にも使えます。

 

・ビタミンCによる免疫力強化
体内に風邪の原因となる細菌が入り込むと、血液中の白血球という成分が菌を退治するため動き出します。ビタミンCには白血球を活性化させる役割があり、さらにビタミンC自体にも抗菌作用にて菌を攻撃するため、ダブルの効果で免疫力をアップさせて風邪対策に役立ちます。
・はちみつによる保湿効果
のどの粘膜が乾燥すると免疫力が下がり、菌に感染しやすくなります。はちみつには、水分を保持する力(保湿力)があり、摂取することでのどの粘膜を乾燥から防ぐことに役立ちます。
・快眠効果による基礎代謝アップ
上で書いたように、はちみつレモンにはリラックス効果があります。加えて、ホットで飲んで体の深部を温めることで、体温が下がったときにぐっすりと眠れます。良質な睡眠は成長ホルモンが分泌されて筋肉の成長を促し、基礎代謝アップが期待できるんです。
・レモンに含まれるペクチンの働き
レモンには、食物繊維の一種である「ペクチン」という成分が含まれています。ペクチンには、消化酵素による分解の影響を受けず、コレステロールの吸収に関わる胆汁酸の働きを抑制する作用があります。これらにより、満腹感が長続きしたり、血中のコレステロール値を下げることに役立つんですよ。
これらのポイントと、手軽に出来るという事がポイントです。

瓶も手に入ったし、早速作ってみよう!

瓶の納豆消毒でなく熱湯消毒に必要だよ。(納豆はミスだけど面白いので残します)

その1、必要なモノをそろえよう

  1. レモン(出来れば国産)
  2. 適度な大きさの瓶
  3. はちみつ(出来れば中国産以外)

その2、熱湯消毒をしよう

まずは、熱湯消毒で瓶を綺麗にしよう。

熱湯消毒はとても万能です。

熱に弱い菌は多く、衛生的に大分良くなるので是非やりましょう。

熱湯消毒の工程として

①まず、大きめの鍋に瓶がつかるくらいの水を入れて沸騰させよう。
コツとして、最初から瓶を入れておく事。

 

②5分ほど温めたらキッチンペーパーの上などにおいて自然乾燥する。

その3、レモンを切ってつめよう

レモンはなるべく早く処理しよう。

僕みたく1週間くらい放置すると大変な事に・・・

この状態のレモンはよくないらしいです。(購入後1週間、冷蔵保存)

レモンは腐ってるというよりカビが生えてくる状態が多いとの事です。

サイトから保存方法について抜粋しました。

 

レモンの保存温度は、6~8℃。
4℃以下になると味の低下がみられ、
2℃以下になると低温障害を起こします。
保存は、乾燥を防ぐ工夫をし冷蔵庫の野菜室で保存するのが基本となります。
長期保存したい場合は、冷凍保存することもできます。

新しく購入してつめました。なかなか綺麗。

毎日少しずつ摂取します。

最後までみてくれて有難うございます。

レモンは、国産の方が香りも良く、防カビ剤なども気にせず安心です。

はちみつは中国産を避けた方が良いのは大量生産にかまけて、蜂に砂糖水などの摂取や
全体の環境問題が影響しております。その分安いけどね。
それに、過去何度も抗生物質入りのハチミツが見つかっております。

安全な国は、基本的にEU圏内であれば、基準が厳しいので安全。
その中でも、ドイツとルーマニア、ニュージーランドは良いという話です。

参考になれば幸いです。

雑記カテゴリの最新記事