【書評1冊目】東大読書(西岡壱誠)地頭力について

書籍

地頭力は鍛えられる

これは多くの人が飛びつくテーマでないだろうか。

実際私も飛びつき購入した一人である。

知識を増やすではなく→考える力を身につける、と考える。

その為には本と徹底的に議論して、能動的に読むのが大事である。

本の読み方を変えるだけで

【地頭力】と【本を読み込む力】がいっきに身につく東大読書 

著者:西岡壱誠

行って見ましょう。

①仮説作り

読み進める為の前段階で仮説作りがあります。

それには装丁(そうてい)読みと、地図作りがあります。

1、装丁読み

本のカバーやタイトル、著者のバックグラウンドなどから

本の内容を予測する事。

例えば本書で言えば・・

現役東大生の書いた、読む力と地頭力がいっきにつく、元偏差値35でもできる、

2浪経験、一生使える、応用できる、内容を忘れない、5つのアプローチで身につく、

東大生では当たり前の読み方、本当は教えたくない読み方、など。

読む上でのキーワードを拾い上げる事。

これを事前に拾い上げておく事で、理解度があがり本を読み込みやすくなる。

ポイント:付箋などで読書中見返せる所に残しておく

2、地図作り

この本から何を得たいか、読む目的を決める→その為の柱を決める(3本の柱でも5本でも)

→現在の自分の現状を書く(この分野に関しては素人、基礎知識あるとか、専門とか)

こうする事で自分の現状を把握出来るし、目的設定した事でキーワードを見逃す事が

少なくなり、能動的に読めるようになる。

ポイント:目的は遠くにもつ。今よりずっと先に

②取材読み

記者になろう。というと変に聞こえるかも

でもそんな意味である。本は読まず、読者にならず

まるで著者の正面に座る記者になる必要があります。

記者とは、相槌を打ち、質問をし、メモを取りながら話に耳を傾けます。

つまりそんな前のめりな姿勢で挑む必要があります。

記者になる事のメリットとして、話の強弱が分かり感情がわかるようなり

感情がわかると、話の流れを追いやすくなる

1、質問読み

不明点など流し読みせずに、目の前にいたら何を聞きたいか意識して読む

2、追求読み

一度読んだ本、章などをもう一度見て疑問点を探る。自分なりにでも答えみつかればOK

③整理読み

本を読む上で一番気をつける事はわかった気になる事。

その本を、中学生でも分かるように、著者が何を言いたかったか

短く説明出来なければわかったとはいえない。

(この本は)つまりこうゆう事だよねと。

その為に、一節、一章ごとの要約的な一文を探す。→その一文を踏まえ一節、一章ごとの

まとめを書いて見る。→まとめを踏まえ一章、全体のまとめを140文字以内で書いて見る。

④検証読み

様々な本を見て、意見の偏りを避けて色んな意見を参考にしてみる。

関連性のある2冊を選び、共通点・相違点を探すパラレル読みで、解釈の違いの原因を探る。

議論の別れ道、完全に分かれる所を探るクロス読みで、多面的な思考力が鍛えられる。

⑤議論読み

アウトプットしよう!今までの全ての読解を踏まえた上での、自分なりの結論をだす。

・仮説読みでの答え合わせをして、目標達成度をチェック

・仮説作りや整理読みからアウトプット要約で帯コメントを考える。

30文字以内でこの本はこうゆう本だと。

・①〜④などからこの本は意見は正しいのかどうなのか、自分なりに結論づける。

■自分なりの感想

人を選ぶ読書方と感じる。ただ、何事も一手間が大事で実際は本質を捉えてると思うし

効果は高いと感じる。様々な本て言われてる目標意識を持ち本を読むというのは重要であり

能動的になる。常にアウトプットを意識し、行動していきたいと強く感じた。

■アウトプット要約

・考える力の身につく読書術

・本を裸にするやり方

コメント