連日の猛暑はいったいどこから来てるのか?

雑記

世界各地で以上な猛暑との事でニュースは話題です。

連日、あまりの猛暑で熱中症になり運ばれる人も死者も増えており

注意が必要です。

体温を上回る暑さで、外出禁止とかもニュースで出てるとか。

流石にそれは出来ませんが、そのくらいの規模で暑くなってるという事が

社会の反応から見て取れます。

アメリカでも52度、北極圏でも30度超えという以上気象。

欧州では、猛暑に次いで平年より3〜6度高い気温が続き

雨も降らず水不足で、農作物への影響も心配されている。

今後の天気が心配です。

WMO(世界気象機関)は、異常気象について

温室効果ガスの増加による影響で長期的な地球温暖化の傾向と関係があると見ている。


僕なりの考察

上記のように語られてますが、今年は特段暑いですよね。でも来年はあまり暑くないかもしれない。

今は長い歴史の中のほんの一部なので地球温暖化だけが原因とも限りませんよね。

でも、人類が意識するようになってから年々平均気温が上がってるのは理由があると思います。

これは人類がもたらしたもの、確かにそうでしょう。でもそれが全てではないはず。

起こるべき未来を人類が早めているだけ。

可能性は低いしありえないとは思いますが、10年後には夏と冬が逆になってたりして・・・。

でも可能性はゼロじゃないですよね。人類で理解出来ない事なんてまだまだある筈です。

思い込みは危険です。

私は、そう考えております。

でも危険なので、暑さ対策はしましょう。

※この世の中の事も99.9%は仮説らしいですよ。←この話は後々書きます。

ではまた。

コメント