【Vol.48】話す技術 (金川顕教)

【Vol.48】話す技術 (金川顕教)

こうぼーいです(@kouboy999

話す事はコミニュケーションの基本です。

だが、それを有効に使えていない人が多いと感じた。

人を惹きつける人には、会話力、総じて話す技術が高いのだ。

そして人が多く集まっていく。そしてまた増えていく。そんな循環の繰り返しである。

そんなコツみたいのが語られている。

本書のポイントを見ていこう。


 

僕が一生稼ぎ続けるために大事にしていることの一つに、
「自分にしかできない仕事は何か」ということを常に考えています。

 

パブリックスピーキングとは、
人前で話すことでお金を稼ぎ続けられるスキルのことを指します。
●一生使える不変な能力を伝えている〜

パブリックスピーキングのポイントは、
相手の聞きたいことと自分の接点を作って話をすることです。

 

話で稼げる人の特徴は主に「口下手な人」「感情を出して話せる人」になります。要するに、人間味のある人ですね。
●人間味・・惹かれますね。

売る側の基本的なスタンスは「お客様の悩みを解決する」こと

 

商品を売るのではなく、「自分自身を売る」のです。

 

商品を売るのではなく、自分を売ることで人が集まる

 

お客様に「この人から商品を買いたい」と思ってもらうためには、その商品に関連する自分の経験談(魅力)を発信していきましょう。

 

・外見55% ・聴覚38% ・内容7%    メラビアンの法則
●まず、見た目をなんとかしましょう。
表情も大事ですよ〜

話にたとえ話をふんだんに盛り込んでお客様の共感を得たり、
ユーモア交えたりして話を進めましょう。

 

商品を売る時は、商品よりも「売り手の生きた情報=ストーリーが大切」

 


 

人間味というのは実に大事だ。人の体験談にのせると話が現実味を帯びて生きた会話に

なる。僕自身も生きた、命を感じる事が好きだし、

ドクドクと脈を打って生きて生きたい。

自分をさらけだして会話できる人。

そんな人には人は惹かれやすいのかもしれない。

 

~~ご案内~~

本を読み、感想を買いてますが

一部の引用は省略したり、変えたりしてる事があります。

のあとに続くのは個人的な感想をつけたところです。

詳しくは本書を見て欲しいと思っておりますので参考程度に見てもらえると幸いです。

僕は本を読む事を通じて

発見して、学んで、考える

という事を繰り返し行なっております。

総じて、気づきを自分に与えてます。僕は色々な刺激を取り入れ日々を過ごしたいと考えております。

なのでそのうち未開拓な洋書にも手を出す予定です。(英語の勉強はこちら

以上、ご理解頂ければと思います。

最後まで見てくれて有難うございました。

良かったらフォローしてくださいね。こうぼーい(@kouboy999

書籍カテゴリの最新記事