【Vol.47】書く技術 (金川顕教)

【Vol.47】書く技術 (金川顕教)

こうぼーいです(@kouboy999

文章を書くのに上手い下手を意識するというのはあまりなかったのですが

この本を見て少し考えも変わりました。

文章というのは、自分の変わりに常に相手に意思、考えを示せる最高のツールだと

思いました。この本では文章のもつ力を学べます。

では、早速気になったポイントを見て行きます。


 

ここで言う文章能力というのは「正しい日本語で、綺麗な文章が書ける」「語彙が豊富で、難しい漢字を沢山使って文章が書ける」といった能力ではありません。 「読んだ人の心を動かし、行動に移させる文章が書ける」という能力のことを指してい

 

・トップセールスマンは読者の心理を分かっているから、商品が売れる

 

トップセールスマンが話の中で商品を説明するのは、全体の1割か2割程度です。残りの8割から9割は、お客さんが今抱えている悩みや、お客さんの悩みが解決した後の未来についての話になります。  お客様はその話によって自分の悩みを再確認したり、悩みが解決して明るくなった未来を想像したりして購買意欲が高まります。つまり、商品を使用した後の姿を想像させているのです。

ひとつ目のポイントが「きれいな文章よりも『感情』を使って人心を動かす」

 

文章というのは面白いもので、書き手が感情を込めれば込めるほど、鏡のように読み手にも感情を湧き上がらせる力を持っています。

読み手の心を動かす文章とは、「書き手が読者の悩みなどが、しっかりと分かっている」文章です。  では、そういった文章を書き始める前の準備として何をすればいいのかというと、「読み手の心理状態を読み取る」ということです。少し難しい言い方をすると、これは「マインドリーディング」といいます。

 

人間という生き物は、論理で動いているように見えて、実は感情に支配されて動いています。感情によって決定された行動に、後から論理づけをしているに過ぎないのです。
●自覚できないほどに

 

読み手が自分の都合のいいように想像できる、余白を残して書く。というスタイルの方が効果的なのです。

 

「ワンメッセージ・ワンアウトカム」という原則があります。この原則は、ひとつのメッセージが相手に伝わることによってひとつの結果を得る、というものです。これは、短いセンテンスで説明しすぎない文章を書くコツでもあります。

人の悩みは「夢、健康、人間関係、お金」の4パターン
●相手に何か届けたいメッセージがある時はこの4つを意識。
何かしら当てはまる。

自分からあえてデメリット伝えた上で、それを上回るメリットをしっかり説明する」

 

デメリットの伝え方には順番があります。  それは「デメリット先に伝え、メリットあとで伝える」ということ

 

最後にポジティブな情報を伝えられると、相手の心にはポジティブな印象が強く残ります。これを、心理学では「親近効果」と呼びます。全く同じ商品の全く同じ長所短所を伝える場合も、伝える順序ひとつで印象が大きく変わるということです。

 

商品そのものの数を限定するよりも、さらに効果的な限定の方法があります。それは「情報を限定する」ということです。もっとわかりやすく言えば「ここだけの話」というものです。

 

一つ目のステップが「会話形式にして文章を書く」ということです。

 

・説得力のある文章は、表現を変えて繰り返し書かれている

 

オプトインアフィリエイトというのは、訪問者が商品を購入することによって、報酬が得られるという本来のアフィリエイトのシステムとは違います。  訪問者がメルマガに登録することによって、報酬が得られるという仕組みのアフィリエイトです。

 


仕組みという言葉が当てはまるかな?

この本には人の感じ方を意識した思考が考え込まれております。

何をすれば有効か。こうすればいいなど。分かりやすくまとめられていると思います。

一読の価値ありです。

~~ご案内~~

本を読み、感想を買いてますが

一部の引用は省略したり、変えたりしてる事があります。

のあとに続くのは個人的な感想をつけたところです。

詳しくは本書を見て欲しいと思っておりますので参考程度に見てもらえると幸いです。

僕は本を読む事を通じて

発見して、学んで、考える

という事を繰り返し行なっております。

総じて、気づきを自分に与えてます。僕は色々な刺激を取り入れ日々を過ごしたいと考えております。

なのでそのうち未開拓な洋書にも手を出す予定です。(英語の勉強はこちら

以上、ご理解頂ければと思います。

最後まで見てくれて有難うございました。

良かったらフォローしてくださいね。こうぼーい(@kouboy999

書籍カテゴリの最新記事